舞台は近未来。
科学の発展と、その出来事の連鎖と、必然性。
私たちは何のために生まれてきて、何のために死んでいくのだろう。
circulardear
vividinnocent
melancholyabandoned
foreverlost



















永遠の愛




醜かった自分の顔を整形し、美しい自分を手に入れた緋依(ひより)。
彼女は大学の卒業研究で、その美しさを永遠のものにするため不老不死の研究を始めます…。
かつての自分が人に踏みつけられる雑草のような存在なら、今の自分は誰もが目を留める薔薇の花のような存在。
けれど今の自分は人の力で造り変えた不自然な存在なのではないかと、次第に疑問に思い始めます。

自然には決して存在しない青い薔薇、青い薔薇の研究をしている恋人。
この幸せがずっと続いてほしいと願う彼女が永遠と一瞬の意味を知る…。

screen shot


♪forever 〜ファミコンver.〜

元の画面に戻る



















憂鬱な浮世




梅雨だというのに雨が降らないことに憂鬱を感じる、紫亜(しあ)。
そんな彼女の元にある日、綾小路清四郎(せいしろう)という少年が尋ねにやってきます。
彼は紫亜の祖母である蒼子(そうこ)の旧友、清二郎(せいじろう)の孫。
その清二郎が亡くなったことを、清四郎は蒼子に知らせに来たのでした。
二人は“梅雨の日の憂鬱に負けない会”を創設した仲だという話ですが…。

清二郎の遺書の謎を解く鍵は、蒼子の思い出の中。
蒼子と紫亜、現代と未来の女子高生、二人の感じる憂鬱とは…。

screen shot


♪melancholy 〜ファミコンver.〜

元の画面に戻る




















巡り来る運命




清掃の仕事をしながら生計を立てている少年大悟(だいご)の住む街の美術館に展示されることになった、奇跡を呼ぶ力を持つという黄金の冠。
大悟はしかし、ひょんなことから原価十何億ともいわれるその冠を、盗んでしまいます。
彼が追われて逃げ延びた先は、どことも分からない林の中。
彼はそこで、マゼンタと名乗る、不思議な少女に出会います。

池の上に突如として現れた彼女は、幽霊なのか池の女神なのか。
淀んだ現世は泥の沼のように、慈悲深い彼女は蓮の花のように、罪にまみれた少年に彼女が教えるのは…。

screen shot


♪circular 〜ファミコンver.〜

元の画面に戻る




















見捨てられた街




“ジャンクタウン”と呼ばれる郊外のスラム街に、貴重な金属を探すべくやってきた陽炎(かげろう)。
そこは社会的に見捨てられた者が集う街であり、治安がとても悪いことで有名でした。
そんな街で彼は、ブルーという少女に出会います。
殺伐としたその街の中でも明るい笑顔を見せる彼女に、彼は亡き娘の面影を重ねます。

死んだはずの娘にどことなく似ている、少女。
ガラクタだらけのその街で、灼熱の太陽が照りつけるその場所で、落日に向かい、首を傾ける太陽の花…。

screen shot


♪abandoned 〜ファミコンver.〜

元の画面に戻る




















鮮やかな紅




超能力の素質がある者として抜擢され、その能力を覚醒させるために殺し合いをしなければならなくなった紅(くれない)と沙乎華(さやか)。
支給されたナイフを使って、一週間以内に二人のうちどちらかは死ななければなりません。
赤の他人だった二人は、しかし互いに似通った部分を見つけます。
人間らしさを欠いている紅に、沙乎華は、やっと自分と分かり合える人と巡り会えた気がしたのです。

あらゆるものと繋がりを感じられない彼女らにとって、自身をこの世に繋ぎ止めるのは“生きている”ことを証明する鮮やかな赤色だけ。
まるで彼岸から此岸を眺めているかのように生きてきた彼女が、そのナイフで切り裂くのは…。

screen shot


♪vivid 〜ファミコンver.〜

元の画面に戻る




















失われた記憶




“ユグドラシル”と呼ばれる空中の学園都市の生徒、臆(オク)。
そこでは自然の真理に迫るための数々の研究が行われていて、臆自身も自分の研究に励んでいました。
当り前に続いていく日常…けれど彼はそんな日常に少しずつ疑問を感じ始めます。
自分は何かとても重大なことを忘れていると。

あまりにも辛い出来事を、人は自分を守るために忘れてしまいます。
忘れないでという思いが込められた小さな青い花を眺めながら、彼は…。

screen shot


♪lost 〜ファミコンver.〜

元の画面に戻る




















純真な悪




人類が宇宙へと足を伸ばし月に設立した裁判所、通称“アテネの学堂”。
月という何にも属さないその土地で、平等の名のもとに世界中のあらゆる討論がそこでは行われています。
そして、いくら時代を経ても答えの出ない討論がそこにはあります。
純真な悪と呼ばれるその少女闇(ヤミ)と、正義と悪についての討論を交わすために、今日も挑戦者が現れるのです。

子供の頃、正義の味方になろうと誓った百合(ゆり)と玄兎(げんと)。
異なる形でそれぞれの正義を貫く二人は…。

screen shot


♪innocent 〜ファミコンver.〜

元の画面に戻る




















親愛なる世界




―――30世紀末。世界は、終わりを迎えるらしい。
そんな終末思想が支配する時代に生まれた、未黄(ミオウ)。
次第に大気の温度を下げていく地球で生きられなくなった人々は、コールドスリープすることで未来に希望を託すことにしました。
人類の長い冬の時代が訪れたのです。

子供を試験管で生み出すような時代にうんざりしていた彼女は、世界の終わりを望みます。
しかしここには、たくさんの愛の記憶があったのです…。

screen shot


♪dear 〜ファミコンver.〜

元の画面に戻る